ayakonoheya’s diary

日々のことを、ありのままに

中田絢子さんと迷子になるツアー

「今週末はお天気も良さそうですので、もしお時間取れれば大野散策はいかがですか?そのうえで打ち合わせをしましょうか」と、Pから連絡があった。
Pとは、私の写真展のプロデューサーをしてくださったガラス造形家の市川篤氏である。

「はい、馳せ参じます!」といわんばかりに、私はそそくさと金沢市大野町へ向かった。自分一人では何をどうすべきか、まったく分からなかったからである。早く打ち合わせをして楽になりたい。

Pと下見へ

ひらがなが可愛い「おおの大橋」

おおの大橋からの眺め

思えばPのおかげで、まだ見ぬ世界をたくさん見せてもらっているなぁと思う。
2020年、2022年と2度に渡って写真展をプロデュースしてもらった。クロストークの相手役もしてくださった。
次は金沢大野・もろみ蔵通り秋の感謝祭 蔵の楽2022のイベントへの参加である。
チラシには「超目玉企画」と銘打って「TVリポーター・写真作家 中田絢子さんと撮り巡る大野カメラ散歩」と書いてある。
こんなことを考えています的な話は聞いていたものの、バシッとちらしが刷り上がってくると「あぁ、私の名前が入っているよ…。おまけにまぁまぁ派手な肩書きまでついちゃってるよ…」と、気恥ずかしい。

 

ついにこっち側に立つんだ、と思った。
これまでは受講生として『〇〇さんと行くカメラツアー』のような企画に参加するのが大好きだったが、今度は私が皆さんを誘導する側なんだ…と、緊張する。

そしてこちら側に立ってみて初めて、主催したり運営したりする側は、私たち参加者を受け入れ楽しませるために、丁寧に準備して下さっていたんだなぁと感謝の念を抱く。
あのとき私はただ「わ~い!楽しい~!!」と満喫していた。
「もっと運営目線で観察しておけばよかった…」と思うが、後の祭りである。

 

10月だというのに暑い日だった。
歩いてみると、知らなかった風景にたくさん出会える。
こんな場所もあったんだ、こんな眺めもあったんだと、より深く町を知ることができる。下見がてら、気になった風景をさくさくと撮影した。

Pと下見をすることが目的で、撮影が目的ではないので、メモ程度に抑えた写真だが
その方が肩の力が抜けて、素直な写真が撮れた気がする。

自分だけのフォトジェニックポイントを見つけてみてね

神社も行こうかなぁ・・・

肉眼ではそう見えないものが、カメラを通すと・・・

陶芸工房『ぎゃるり・いっかん』さん 午前か午後の回どちらかに組み込みたい

何気ない日常をどう切り取るか カメラの楽しさはそこにあり

影 シルエットもよーく見て

赤いドアが印象的

たまに箸休めカットがあると、アルバムにリズムが出ます

 

お付き合いいただき、ありがとうございます でもそれもPの務めです( ´∀` )

下見をした10月1日(土)金沢の最高気温は27.8℃だった。
13:30から1時間半ほど歩き、汗だくになって戻る。
しょうゆソフトクリームをごちそうになりながら「さて、どうしましょうかね」とミーティングが行われた。
ただ歩いただけで1時間半だ。撮影するともっと時間がかかる。すべてのコースを行くのは無理だ。
今歩いた中から見どころをピックアップして、効率的に回らねばならない。

 

男性には分かりにくい感覚かもしれないが、女性は地図に疎い。
私も「あの神社からあそこまで何分くらいでしたっけ?」「反対まわりすると、どこに出るんでしたっけ?」と、今行ってきたばかりのコースですら思い出せず、頭の中でうろうろしている。


「中田さんにとってこのツアーは、迷子にならずに無事帰ってこられるかが課題ですね」とPが笑っている。
運営がどうの、指導がどうの、という前に、皆さんを無事ご案内できるかすら危うい。

 

「あと1カ月以上ありますし道も忘れるでしょうから、イベントが近くなったらママちゃんと一緒にもう一回歩いてみたらどうですか?」と言われてしまう。
もうママちゃんが駆り出されることまで決められている。
当日は出店あり、ワークショップもあり、イベントのすべてを取り仕切っているPは、私に付き添うことができない。
母と私で復習すると、もっとドツボにはまる気さえしているが…。

 

そんなこんなな泥船ツアー。まあ、私も初めてなので大目に見てください。
私と一緒に大野をカメラ散歩したい方、迷子になるのも楽しめるよ、という方は
カメラ持参で(スマホでもOK)金沢市大野町のガラス工房 スタジオ・プラスGまでお越しください。

TVリポーター・写真作家 中田絢子さんと撮り巡る(ときどき迷子になるかもしれない)大野カメラ散歩
11月13日(日)11時の回と14時の回があります。
参加無料、雨天決行です。事前申し込み不要なので、当日気分が乗れば、ちらりと遊びに来てみては♪

蔵の楽2022 すてきなチラシが出来ました 表面

イベントも色々 私も楽しみたい 買いたい♪ チラシ裏面