ayakonoheya’s diary

日々のことを、ありのままに

発信しない「しあわせ」

しあわせが全身から溢れていた。

 

2年ぶりに会った彼女は1児のママになり、大きな個展を開催し、笑顔で私を迎えてくれた。

f:id:ayakonoheya:20211013212828j:plain

中 乃波木(なか のはぎ)ちゃん。

仕事を通して2年前に知り合った尊敬すべき友人だ。

今回「読む写真展」という新しい試みに挑戦していた。

彼女が書いた小説の世界を写真でも見せていく、というものだった。

 

会場では年下の旦那様が、心から楽しそうに彼女をサポートしていた。

写真と文章のほかに、可愛らしい絵も散りばめられていた。

 

「あの絵はどなたが描いたんですか?」と聞くと、「あれは乃波木さんが描いたんですよ。可愛いですよね」と答えてくれた。

f:id:ayakonoheya:20211013213123j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213225j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213236j:plain


妻を「さん」付けで呼ぶ彼も、若くして画家として成功を収めている逸材だ。

彼女を尊敬し、愛していることがその一言から伝わった。

 

乃波木ちゃんはSNSで個展をPRしていた。

SNSにはちらりと会場の様子が写っていたのだが、それを見たときからとんでもない規模の個展だとわかった。内容も濃いし、展示もプロが携わっていると一目でわかった。

f:id:ayakonoheya:20211013212959j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213019j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213035j:plain

「出産を終えたばかりで、どうしてここまでのことが出来たの・・・?」

私は聞きたかったことをまっすぐ彼女にぶつけてみた。

 

「話がきたときは、出産したばかりでそれどころじゃないし断ろうと思っていたの。でも彼の(旦那様の)『できるよ』という一言に後押しされてやろうと思えたの。早々に『私は無理、おまかせする!』というスタンスを見せておけば、まわりが動いてくれるのよ」そう言って乃波木ちゃんは笑った。

 

実際に写真の選定や展示は、画家である旦那さんが仕切ったそうだ。

イラストのパネルは、彼女が渡した素材をもとに学芸員が色々作ってくれたのだという。

うるさいことを言わずにまかせておくことで、まわりが生き生きと動いてくれたそうだ。

「つまり乃波木ちゃんは『素材』を提出したということ?」

「そうそう。私は素材係!」

 

もちろん素材(作品)が一番大切だ。素材の力があってこその個展だ。

でも個展を開催するには、「見せ方」という別の一面も重要になってくる。

どの写真を選ぶか、どんな風に展示するか、どこに何を配置するか、動線をどうするか。

料理の仕方次第で、素材は輝くこともあれば逆に輝きを失うこともある。

 

「素材」×「展示」=個展 

個展の成功には、作品を作るまっすぐなライオンの目と、作品を見せる視野が広いシマウマの目。両方の目が必要なのだ。素材展示。私の持論ではくらいの比重だと思っている。その4の部分を信頼出来る人にまかせられるというのは大きい。

 

会場では1歳になる息子さんが、愛想よく来場者を迎えていた。

「毎日幸せなの。幸せすぎて、もう誰にも幸せと言わなくてもいいの」

乃波木ちゃんがやわらかい笑顔でそう話す。

 

確かに彼女のSNSには、必要最低限の告知しかされていない。

「子育てでこんなことがあった」「旦那さんがこんなことをしてくれた」

そんな書き込みは一切見られない。

 

幸せと発信しなくていいほどの幸せ―

 

シンプルだけれど重すぎる言葉に、私は圧倒された。

今の時代、これはある意味すごいことだ。

誰かに報告するための幸せではなく、自分の中で噛み締める幸せ。

 

「旦那さんから花束をプレゼントされた」「彼にやさしい言葉をかけてもらった」

そう発信する人ほど、実はさみしいのかもしれない。

 

SNSだけ妙に華やかな人っている。

蓋を開けたら、心はぼろぼろだという知人や芸能人も確かにいる。

きっと誰かに「すごいね」って言ってもらいたくて、過度に発信してしまうのだろう。

 

乃波木ちゃんの個展は、能登で育った彼女ならではの視点で溢れていた。

文章が書けて、写真が撮れて、絵まで描けてしまう。

そのどれもがすごすぎるレベルで、彼女の表現したいことを形作っている。

すごいね、乃波木ちゃん。

f:id:ayakonoheya:20211013213707j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213719j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213744j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213806j:plain

f:id:ayakonoheya:20211013213912j:plain

愛に包まれた世界、会場で見たい人はぜひ。会期終了が迫っています。今週末にでも!

 

野々市市市制施行10周年記念「中 乃波木 読む写真展-い~じ~大波小波の世界-」

学びの杜ののいちカレード 

10月19日(火)まで 9:00~19:00 水曜休館 入場無料 

f:id:ayakonoheya:20211013214411j:plain

この個展、マッキ―がSNSで見つけてくれたのです