ayakonoheya’s diary

日々のことを、ありのままに

丑三つ時にジャンバラヤ 

2020年1月26日(日)晴れ

 

 男の人はどうして飲み会から帰ってきてから、炭水化物を摂るのだろう。

 

 1次会、2次会と、すてきなお店でコース料理やお酒がたくさんでてくるのに。

 

 「おなかすいた」と言って、なぜ夜中の2時に冷凍食品のジャンバラヤをチンするのだろう。

 

 「どこで何食べてきたの?」と聞いたら「イタリアンの店で生ハムはつまんだかな」と言っている。肉やパスタなどいろいろ出てきたらしいが、ほとんど食べていないらしい。

 

 私からすれば(たぶん女性からすれば)もったいなーいと思う。ちゃんと会費を払っているんだから食べてくればいいのに。

 

 女性はおしゃべりに夢中にはなるけれど、食べるものはしっかり食べている。

言いたいこともちゃんと言うし、食べたいものも食べている。

 

 昔、披露宴に呼ばれたときに、男性の先輩が「俺のローストビーフ食う?」と聞いてきた。「えっ?これめっちゃ美味しいですよ。悪いです・・・。先輩食べてください」と言ったら「俺、めし食ってきたし。血っぽいのも苦手だし」と返ってきた。

 

 血っぽいというのは、ローストビーフが少しレアっぽいという意味だ。

 

 まあ、レアっぽい肉が苦手なのはいいとして、なぜめしを食ってから披露宴に来るのだろう。私から見れば愚の骨頂だ。

 

 私は料理もすごく楽しみにして披露宴に出席してきた。新郎新婦の写真も撮るし、

なつかしい友人と話もするし、余興にも全力投球するけれど、料理も残さず食べてきた。

 

 この違いは一体なんなのだろう。

 

 食に対する関心の高さの違いか。それとも「どんな状況でも生き延びてやろう」という生命力の強さ、遺伝子レベルに組み込まれた性質の違いだろうか。実際に女性のほうが平均寿命は長いし・・・。

 

f:id:ayakonoheya:20200127002340j:plain

最近食べて美味しかったものたち

f:id:ayakonoheya:20200127002343j:plain

穴水町コーストテーブルのオリジナル牡蠣コース 3300円 焼き牡蠣8個

f:id:ayakonoheya:20200127002351j:plain

中谷宇吉郎 雪の科学館 ティールーム冬の華(石川・加賀市

f:id:ayakonoheya:20200127002344j:plain

冬の華サイダー 720円 ★カラータピオカが入ってます

f:id:ayakonoheya:20200127002400j:plain

写真展の準備に追われ…ごはんに「小豆島食べるオリーブオイル」をかけて